お客様の質問で、

「カラーのもちを良くしたい❗」

というのをよく聞きます。

 

16-11-13-12-16-02-862_deco

 

カラーの色もちは、

 

  • 髪質
  • カラー剤の種類
  • カラー塗布後のおく時間
  • お家でのお手入れ

 

によって変わります。

 

髪質は、

細い髪の毛のほうが色が抜けやすく、

太い髪の毛のほうが色もちがいいです。

太い髪の毛のほうが単純に面積が大きいためカラーの色味がたくさん入るからです。

 

カラー剤の種類は、

やはり白髪染めのカラー剤のほうが色素が濃いためしっかり染まり、

色が長持ちします。

ですがデメリットとして、

明るい色にできない❗

があります。

白髪染めのカラー剤は明るく染めることができません。

明るく染める場合はおしゃれ染めのカラー剤でないとダメなのです。

しかし、

「髪の毛は明るく染めると色が抜けやすい」

という特徴があるため、

色もちだけを考えると暗めに染めるほうが有効です。

 

美容室でカラー塗布後、

おく時間もとても大事です。

長い時間おいたほうが髪の毛の中までしっかり染まるため、

色が長持ちします。

ただ、

時間をおきすぎると髪の毛が傷みやすいので、

美容師さんの判断が重要です❗

 

お家でのお手入れでは、

やはり毎日シャンプーするたびに色が抜けるので、

カラー用のシャンプーやトリートメントが効果的です❗

色のもちがよくなります。

究極シャンプーしなければ色は抜けにくいですが、

それは衛生的に我慢できませんよね(笑)

ですのでシャンプーは毎日してくださいね❗

 

髪の毛は明るく染めると色が抜けやすいので、

やはり色を長持ちさせるには、

あまり明るく染めすぎないほうがおすすめです❗